人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くが如し。いそぐべからず ~ 徳川家康

人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くが如し。いそぐべからず ~ 徳川家康

江戸幕府を開いた徳川家康の人生についての名言。

それでも、前に行かないとダメですよね。

しかも、急いで。

死がいつくるかもわからない。

だから、全力で。

死へのカウントダウンは始まっている=人生の本番も始っている。

また、自分から、荷物を重くすることも大事。

大きな成功を望むものが、本当に成功を得る。

そこまで達観した上で、なお「いそぐべからず」。


、この言葉に関連するオススメ書籍

この言葉に関連する名言・格言

名言のカテゴリ

あわせて読みたい